Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

swanning around world...?

a0065194_22223896.jpg

twin swan

今日はオーストラリアのメルボロン大学の友達から電話がきた。

彼とは国連のある催しで会い、最後にあってから2年近くになり、今年の夏に、彼がエキスポのオーストラリア代表として派遣されたときに、時間を調整して、いけふくろうの前で会う予定だった。しかし、超テンパーなシャルルドゴール空港のBAのめがねさんに邪魔をされ、日本に毎日2本飛んでいるBA便の最終便に乗れず、ほかのすべての会社にも乗れず、JALファーストクラスにも座らされてくれず、という悲劇の前に、到着日に予定していた約束はあえなく流れてしまったった。わざわざ名古屋から新幹線で池袋に来てくれたにもかかわらず、約束を守れなかった今年の夏。それを償うために、また今年の冬計画を立てたのだ。
で、昨日フライト予定だったジョン君。本来は12月のはじめの週末にモフィダとジャロマも混ぜてロンドンかバースであう予定、だったはずなのだ。が、昨日心配になってメイルしてみると、今日電話がきたではないか!オーストラリアからロンドンまで24時間かかるのに、何でまだメルボロンにいるの?と聞くと、ある大切なThesisが終わらないので、一日遅らせたけど、BA側がそれ以上遅らせることができない、と伝えてくる。じゃあ、来れないの?モフィダも会うの楽しみにしていたのに・・・、ときくと、いやすぐにBAに電話してチケットを取り直したと言う。クリスマス前はもう12月7日しかあいていないようだ。7日といえば、もう私のファイナル試験まで一週間強、会うことができない。あがががが なんということ。またもや計画が流れてしまうのか?誰のせいなのか?ジョンがThesisを終わらすことができなかったから?いや、でも誰だってそういうことはある。たとえ大部分が終わっていても、なぜか最後の最後でつまってしまうこともある。じゃあBA?大体、BAとはいつも一騒動ある。でも、今回BAは誠意をつくしてくれたようだ。じゃあ、私?いや、わたしは生まれてから一度も自分の責任を追及されることをしたことはない爆!(大嘘)そんなことが頭の中をよぎっているとき、ジョンが声のトーンを上げて楽しそうに切り出した。実はヨーロッパに3週間から5週間いる予定でチケットを変更したから、もし政府のインターンシップの返事がNOだったら、一月までヨーロッパに入れるし、もしYESだとしても、インターンは1月2月だから、12月の最終日までいれる、とるんるん気分が伝わってくる。おおおぉぉ のおおぉぉぉ。
実はここにはもうひとつ計画があった。チュニジア計画である。最終的にチケットをモフィダが買ってくれ、日にちも今日決まったばかりだった。12月18日から28日。10日間もチュニジアでバカンスだ・・・。5日間だけの希望だったのに、チュニスプリンセスの彼女に計画をしてもらったらなぜか10日間になっていたという、愛情たっぷりのバカンスである。しかも、モフィダのご両親が乗馬に招待してくれたり、砂漠で数日間の旅を計画してくれたり、いまさら5日間にしてくれとは、頼めないし、絶対に頼んではいけない。しかも、こちらの計画は実は今年の夏にあった。が、しかし我はチケットまで買っておきながら、直前まで論文が仕上がらなかったために流してしまったのだ自爆!。そう、ジョンのことが責められない理由は自分の中にあった・・・。
たあああぁ、どうしたらよいのだ・・・。急いでモフィダにメイルをうった。「元気?チケット取ってくれて本当にありがとう。でさ・・・ジョンも一緒にチュニジアに行ける?」
果たして、どのような返事がくるのか・・・どきどきである。

to be continued...
[PR]
by eloundamigio_ii | 2005-11-17 22:16