Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

Bath Abby

a0065194_01529.jpg


夜は霧がでます。結構寒くなってきました。でもまだTシャツで歩いているやつがいるから、人間は不平等だなと思います。やつらはコートを買うお金で、何十冊もの本を買ったことでしょう・・・。本といえば、どこの国にも図書館の本に書き込みをするやつはいます。この前ある政治の本を開いたら、~へ捧げる、というところの下に、「この糞を読まなくてはいけない哀れな学生へ!」という書き込みがありました。消しゴムで消した後、修正液で跡形もなくしておきました。しかしチャプターを読み終わったあとで、この書き込みがちょっと理解できました。

今朝、経済のコンピューター分析の授業に行ったら、帰りに天才シェフDerekが話しかけてきました。何でも香港出身でイギリス育ちのKenという彼の友達が、わたしを今夜夕食に誘いたいといっているそうです。確か先週フランス語の授業でわたしの後ろに座っていて、あるテストのマーキングを交換した人でした。Derekは何で彼が夕食に誘いたいのか知らなかったらしいですが、わたしにはぴんときました!実は明日、フランス語のアセスメントがあるのです。けけけ本心みえみえじゃ。わたしはこのクラスはおまけでとっているようなものだし、レベルも中級でそんなに高くないので、Kenはまさにわたしのヘルプを夕食で買おう、ということなのでした。しかし、19時ごろDerekのキッチンに行くと、彼が料理してるんです。部屋でペーパーを打っていたKenに「君が料理してると思った・・・。」といったら、Derekのほうがうまいんだ・・・。こやつ!徹底的に幼稚で大嫌いなタイプです笑。Derekの料理が食べられるのはうれしいです。Kenは一番のいいところ取り、私は2番、そしてDerekはいつも労働者というところでしょうか・・・。でも、何という幼稚なやつなのでしょう。フランス語のエッセーのヘルプはわたしのエッセーをそのままあげました。どちらにせよ、好きでやっているようではないので、身にはつかないでしょう・・・。でもこうやっていいグレードを取れるやつは本当に嫌いです笑。

今日はイギリス大学進学の相談を受けました。同じようなサブジェクトがやりたいそうです。このフィールドで一番人気で難しいのはオックスフォードのPPE(政治、哲学、経済)コースです。インターナショナルの成功率は世界中から集まった全てのアプリカンツの1パーセントです。たとえAレベルでストレートAを4つ、5つ取ったとしても、インタビューで失敗すれば、平気で落とされる、そんな世界です。オックスフォードは政治、哲学ではいつもイギリスで一番です。経済はケンブリッジです。三大サブジェクトを同時進行でやっていくのは並ではありません。PPEのコースはWarwickやYorkにもありますが、そんなに有名ではありません。Warwickの政治デパートメントはとても大きく、多くの政治家を排出しているところでもあります。Timesのランキングではオックスフォードの次点です。その人はWarwickかYorkで悩んでいました。
イギリスの大学は学士レベルが非常に評価されます。たとえば、オックスフォードでも学士と修士では学士のほうが、入るのが難しいとされています。これは、イギリスではいかに大学にいける人間が限られているかということのあらわれではないかとおもいます。良い大学に入って、上位の成績さえ残せば、拒絶する大学院はありません。
しかし、これらの全てのことはイギリスやヨーロッパ、あるいはコモンウェルスでは通用したとしても、例えば日本でどのように受け止められるかは全く別の話です。日本では、オックスフォード・ケンブリッジを卒業したとしても、「ああその大学知っている」くらいのものです。Warwick、LSE、やBathも非常にいい学校ですが、日本ではあまり知られていなく、日本人の卒業生は、日本に帰ることはほとんどなく、あったとしても外資のトップで働く例が多いようです。その日本の閉ざした雰囲気は残念です。

いずれにせよこれからイギリスの大学で勉強したいとおもっている日本人には是非頑張ってもらいたいです。イギリスの大学で勉強すると可能性を世界に広げることができるからです。そして、それはとても面白いし、イクサイティングなことです。

隣のジョーが、日本語教えてくれといってきます。でも彼はこてこてのロンドン人で、外国語が超下手です。見込み無し笑。とりあえず、キッチンで会ったら、日本語で指図することにしました。日本語の音に慣れされることが一番です。今日は「おさら とって」というフレーズを教えました。発音にはいつも強いロンドンアクセントがついてきます。これは、東北弁の人が英語を話すときにどうしても東北弁なまりの英語になってしまうのと同じことです。でも「オ サぁラ トテ」とすごくうれしそうでニコニコしています。可愛いです。次に教える言葉はもうきまっています。「おさら あらって」です。日本語教えるかわりに、夕食ご馳走してくれると言ってくれたのですが、学校でファーストフードだけを食べて育ったイギリス人の作る料理を食べる気にはなれません。何か別のことをしてもらいたいなーと思っていますが、ぜんぜん思いつきません。やつの作った料理を食べさせられるはめになる前に何か考え付かないと。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2005-11-22 23:55