Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

Abby

a0065194_2201112.jpg

土曜の夜は久しぶりにデートした。寮の女の子はビッチーーィとののしる爆。女友達との楽しみは、同じ陣営に座って、向こう陣営(男性)がどんな攻撃を仕掛けてきたかとか、どんな爆弾を投げてきたかとか、戦術はクラシカルか、現代風かとか、鎧はどうかとか、そんなことなのである。

デートはR君。2歳年上の科学の秀才だ。21歳で博士号過程に進んでいて、来年終了するという。非常に若い博士で、自分の倍もある年齢の人間相手にチュトーリアルをしているくらいだから、しっかりしているし、独立している。デート相手テストのために独自に編み出した、EQテストにも以前に合格しているので、Bathの美味しいレストランに連れて行ってもいいかい?と聞かれたときはオーケーと返事した。
土曜もふたりとも大学で働いていたが、18時ごろ切り上げて、街に戻ってきて、Bathの観光名所ロードクレセントへと歩く。実は1600ごろお腹がぺこぺこで超BIGなスニッカーズを一個まるごと食べてしまっていたのだ・・・汗。Rが気を遣って散歩を用意してくれたのだ。クレセントはBathの高級マンションで、丘の上からは暗い丘陵地帯の向こうにオレンジ色のきらきらの光をちりばめたBathの街が一望できる。さ、さみ~~~~。でも「寒い」と訴えるのはクラシカルなNGである。相手の仕掛けに片足おくようなものだ。車や星や科学や政治や旅などの話も一段落したところで、「そろそろレストランに行く?」と行って、Martiniというイタリアンへ向かう。クイーンズパークからワンブロックのコージーなレストランだ。カウンターでカクテルを飲みながら、メニューを見る。メニューはイタリアン、ウエイターは全員フランス人というとっても自分好みのレストランだ

彼はミートボール、わたしはシーフードのリゾットをオーダーする。ガーリックトーストとパスタもオーダーする。そして赤ワインもボトルで入れようとした。まてまて・・・、ボトルかい?さっきグラスでいいっていったばかりじゃない、まだ今夜も働くんだから、と油断しちゃいけないと思う気持ちがはやり強調したら、「OK、Miss Politician」といってあっさりグラスに変えた。なんだ今のジョーク。面白くなかったぞ笑。
食事は有無を言わず美味しかった。ダンス、そしてアイデンティティーの話で盛り上がった。彼はサルサ上級なのだ。

食べ終わった後、デザートにティラミスとカプチーノをオーダーした。Rがもうお腹が一杯だというので、イギリス人のウエイトレスにティラミスってどのくらい大きいの?と聞いたら、両手を精一杯開いて「このくらいです。」なんだこのジョークは・・・。超つまんなかったぞ・・・。実際きたティラミスは超小さかったからだ。スプーンの面積の3倍くらいがぼっとすくって口の中で溶かす。んんんんん この感触が好きだ~~~~ぁ。笑
今回の勘定は60ポンド。イギリスのチップは10%だから、+6ポンドを自分で機械に入力する。このデートは誘われたものだったし、向こうは女性には100%払うのが自分の国の文化だといったのだけど、わたしの国ではもうちょっとリベラルである。50%ではロマンチックなRの美徳に反するそうで、30%をはらわせてもらった。

寮まで歩いて送ってもらった。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2005-11-28 00:15