Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

snowing day-5th floor of the library

a0065194_11585528.jpg


日曜日・・・。ベルギーのクッキーモンスターとクリスに電話する。もう3週間も話していなかったし、以前クリスがベルギーのお料理でヴィデというクッキーの型にはいったシチューを教えてくれるといったのだけど、最近の週末は出ていて忙しかった。

先週大雪が降ったとき、クリスはアルデンヌの森のあるポッシュなレストランで食事していたという。今年の夏のKnackという雑誌の企画で当たったヴァゥチャーに違いない。アルデンヌは30センチくらい積もったといっていた。あの、素敵な保養地が真っ白に染まったら、どんなにきれいなんだろう。アルデンヌはピュートル大帝も訪れた、スパがでる有名な高級保養地なのだ。わたしが最後にお風呂に入ったのは6ヶ月くらい前だ。わたしと違ってローマ人ってなんてお風呂好きなんだろう。スパの話と、自分がいるバースの歴史が会話の中にでてきて、改めてそうかんじるのだ。

クリスの甥で今年9月にアメリカの大学で農業の経済に関する博士号を取得し、数年前に同じくルーベン大学出身の彼女とニューヨーク市庁舎で結婚式を挙げ、アフリカから野良犬を3匹拾ってきて、子どものように可愛がっているデイヴィッドというひとがいる。彼は、おとなしい顔をしていて、あまり口数も多くないけど、やることは派手だ。結婚式も挙げてから、両親に後日写真で報告したという過去があり、母のとても小柄でちゃきちゃき動くジャックリーンは幸せな反面、不服だった。そんなデイヴィッドに娘ができたという!奥さんが妊娠したという話を聞いてないのに、なぜいきなり娘・・・?また、電撃ってやつか・・・?と思いきや、今回は、白人の女の子の養子をもらったのだという話だった。D.C.に住むデイヴィッドを彼の両親が訪れる。クッキーモンスターはクリスへのクリスマスプレゼントに、ワシントン行きのチケットを考えているのだ。

養子といえば、モフィダも欲しがっている。でも、養子をもらうための審査は非常に厳しい。自分の過去のプライバシーも含めた全てが養子エージェンシーの前にあらわになるのだという。そして一番重要なのは両親の経済力なのだ。わたしも、実はずっと秘密にしていたけど、黒人と白人とアジア人とヒスパニック系から一人ずつ養子が欲しい!といった。自分のDNAにはあまり興味ないし、なりよりも家族が血縁関係以上であることを家族で共有したい。クッキーモンスターは「なんでそんな各大陸代表みたいな、『我が星』みたいな家族つくるの?」といわれたけど、君とは多分作らないから安心してくれ。しかも我が星ではなく、ただのグローバルな家族とよんで・・・。(^-^) モフィダは、さらに、我らの子どもEXCHANGEみたいなことを考えている。その計画とは、夏休みの間、日本とチュニジアで子どもを交換することだ。まだまだきっと10年以上先の話だけど、そんなことを考えていたら将来がまたちょっとだけ楽しみになった。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2005-12-05 03:38