Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

the corner on my room at 18:00

a0065194_64990.jpg


ここ一週間、忙しくって空なんてあまり見なかったけど、思い起こしてみれば、今日もちらちらと小雪が降っていたな。ポディウムの二階のピアッツァの丸い窓から久しぶりにカテドラルの上にどっしりとかぶさる青みがかった灰色の空をみて、「バースでは夕日の時間が一番明るい、夕焼けが出なければ、夜が一日のなかで一番明るい」と歌った。けちけち切ったラズベリーとショコラのケーキを交互に食べて、太陽の値段の計算方法について気楽に話し、イギリスの未来について気楽に話し、将来について気楽に話し、まあそれはそれで楽しい時間を過ごした。

ジョンからメイルがきて、4月に今度こそはどんな努力を惜しまないでイギリスに来る努力をすると約束してくれたり、サマカの3歳の誕生日の贈り物をポストに預けて、来週モフィダとイメンに会うことを楽しみにしながら、4月10日のモフィダの誕生日プレゼントの贈り物を探してウインドウショッピングしたり、クッキーモンスターと深夜3時に電話で馬鹿いいあったり、6年来の古いアメリカの友達から仕事の相談受けたり、親も時々電話で話すと忙しそうにやってくれているし、まあまあ幸せだけど、こんなこともあと100年もたてば全て泡のごとき世界のどこからも人の心からも消えてしまうのだなと思うと、なんだか時々とても悲しい気持ちになる笑。そういうときは部屋で一人になって、ピアノの奏でを聞きながらほろほろ涙を流してみたりして笑、くよくよする。友達との甘いやわらかい世界とアカデミックな世界を行ったりきたりしながら、光陰矢の如し。時間は流れていく。



マクベス

今日は、14:30からシェークスピアのマクベスを見にパースロワイヤルシアターにいってきた。ペーパー明けだったし、朝プレゼンテーションもあったりして少し疲れていたので、1時間半がレクチャー(2時間)よりもずっと長く感じた。最初はなんだかいまいちだったが、後半は非常に良かった。特にレイディーマクベスが手をこすって血が落ちない、と狂い嘆くシーンと、マクベスがマクダフと二本の剣で決闘し、魔女から言われた言葉「女から生まれたもの」には殺されないと叫んだあと、マクダフに羽交い絞めにされ、「俺は母親の胎内から生まれたんだ!」と首をひねられて殺されたシーンが特に印象に残った。
シェークスピアは昔ほとんど読んだけど、暫く読んでないうちにこの劇場をみて、またあの可笑しい言葉の陳列が読みたくなった。イースターには専門書だけじゃなくて、文学も読書したい!
[PR]
by eloundamigio_ii | 2006-03-18 06:04