Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

ce weekend

a0065194_234688.jpg

Gargouille looking down the city of oxford

金曜日は朝チュートリアルの後ロンドンに向かった。週末はロンドンで過ごすためだ。
パディントンにつくと、30%くらいの確立でいる予定だった人がいないので、長居は無用と思いさっさとメトロのほうに向かった。すると瞬間後に、いきなり後ろからガーベラのブーケが話しかけてきたのでびっくりして振り向いたらAがいた。あっそ、人がきょろきょろ何かを探しているのを影でみてるのは楽しいよね・・・。わたしもやったことあるからわかるわ・・・。

ハロッズでベルギーで買うよりも6倍くらい高いレオニダスチョコレートを買った。ここにイギリスの伝統あり~!と叫びながら250Gのチョコレートに金を払った。イギリスの歴史の本に数行割いてほしいような出来事だった。

夜はバース大学の仲間たちとジョンと7人でチャイナタウンで食事した。mt氏がオーダーした鳩が食卓にのったときは、心臓がとびでるかとおもった。案の定一スクエアミリミーターくらい食べてみたら心電図の波がぐらっと大揺れした。乾いてマットなかんじがレスタースクエア・ブレッドのイメージを沸き立たせて背筋が寒くなった。でもいま考えてみたら、むかし食べた乾燥マグロのキューブみたいなようだったとも思って、それは好きだったので、道に転がっている死んだ鳩の想像をかき消せる能力を身につければ、好きになれるかもしれないとおもった。

(きたくれた方、どうもありがとう。また、ロンドンに行ったときには一緒に食事をしましょう。)

次の日はジョンとAとわたしでオックスフォードに行った。
a0065194_23464430.jpg

オックスフォードは小さい街で、カレッジがそこらじゅうにあって、レストランも生徒には割引が効くしイギリスで一番大きな本屋や古い図書館など学問的な雰囲気が街のコーナーから流れていた。だから学問をしていることが、働いていることよりも重点が置かれているという印象だった。

a0065194_2347652.jpg

dining hall in Christ church...ここで不思議の国のアリスの首が長くなる!

Magdalenの敷地は広大で、裏庭には小鹿やリスが遊び、小さな川が流れていた。カレッジの中には違う時間が流れていた。(オックスフォードタイムはグリニッジよりも5分と2秒遅いといういみではない!)独自の歴史、学問の世界が外の世界とはあまり似ていなかったからだと思う。

a0065194_471969.jpg

帰りはブラックウェルで何か興味深いものがあるかどうか探して、7時ごろロンドンに帰った。


その日の夜は、テイト・モダンにいった。ブルジョワは特に興味深かったけど、それ以外はあまり好きになれなかったし、夜遅かったので、1.5時間くらいモダンアートをみて脳みそが機能しなくなる一分くらい前にミレニアムブリッジを渡り、サンポールからバスでピカデリーまでいって、abenoでジョンは大阪焼き、わたしは東京焼き、Aはオムそば?を食べて、一番絞りと酒で翌日の1時まで飲んだ後それぞれのところへ帰っていった。

日曜日はずっと雨だった。ドックランドに乗って、グリニッジ天文台に行った。そこで、フランスとイギリスの子午線を巡る争いを知った。初代天文台長のフラムスティーのストラグルや妻の話も、octagonで見せてくれた一人芝居でよくわかった。オクタゴンにあった望遠鏡をのぞくと犬のプルートが見えた。くははは、プルートはもう惑星じゃないじゃん・・。ロイヤルオブサーバトリーを去り、雨の中ミレニアムホールを背景に写真を撮った。

そのあとジョンとさよならをいい、またいつかどこかで会いましょうといい、わたしとAはヒースローエキスプレスでパディントンからヒースローにたった。Aはフランクフルトにたち、同時にわたしはバスでバースにたった。

バスは異常に早くて、2時間弱でバースについてしまった。玄関のドアを開けようとバッグに手を突っ込んだ瞬間、携帯がなった。Aだった。フランクフルトについたという。こうして、週末が終わった。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2006-10-23 20:10