Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

Eurotrip

6月下旬に親が来たり、チュニジアプリンセスが結婚したりで、写真をたくさん撮った。
イギリスに来てからぱったりカメラをいじっていなかったので、水平に撮ったりとか、ごく普通に撮るという作業が難しかった。徐々に写真を撮ることが楽しくて仕方がなかったころのことを思い出した。

6月中、ヨーロッパのマイ・テリトリーをぐるっと一巡りした。バース→ロンドン→フランクフルト→ベルギー→フランクフルト→バース→ロンドン→パリ→ベルギー→バースと、各所2日から5日間くらいいました。

ベルギーでは、クッキーモンスターの同僚で私のフランス語のコーチを一年間してくれたエリックが二日間も時間を割いて私と遊んでくた。一日目はシャルロワのパブに行き、エリックの学校からの友達30人くらい?と過ごした。久しぶりにフランス語はなしたのでなんだか恥ずかしかった。漫画とかアニメの話やシャルロワの犯罪や売春宿の場所の話をした。ちょうど、犯罪に関して弁護士の資格を取った友達がその場にいたので、事情を少し話してくれた。その後は、エリックの幼馴染みの農家の家にいって牛をみたり、地下を探索したりした。次の日、ハッセルトのナイトクラブにバーミンガムから有名なDJが来ていたので、エリックとエリックの友達のカップルと4人で遊びにいった。

a0065194_246076.jpg


バースに帰ってきて、2日間で金銭の処理をし、ヒースローに母親を向かえにいった。コーチで行った。ヒースローの近くで車が燃えていた(テロの車)、反対側の斜線が完全に封鎖されていて、結局一時間くらい遅れたが、入国も難しかったらしく、会えたのは結局23時ごろだった。パディントンまでエキスプレスで行き、タクシーに行くと、100メートルくらいの列があった。ぐわああとおもっていたら、男の人が、どこにいくの?と話しかけていた。ブラックキャブの運転手だった。「ウォータルーだけど・・・」。すると、「のりなよ」と言った。「え?あっちの列は何なの・・・?」。摩訶不思議におもってそのおっちゃんに聞くと、「今から家帰るからそっち方面乗せてくよ。」ちょおーラッキー!と、運転しながら世間話している途中で、行き先がどうも鮮明じゃない、本当にウォータルー?と聞いてきた。「うん。そこから1.4キロくらいのとこ」といった。「やっぱりピムリコじゃないかい!タクシーの運転手にとっては、ウォータルーとピムリコはポルトガルとスペインくらい違うんちゃ!」(お隣だけど全然違うって意味だね?笑)「あ、ごめんね・・・おっちゃん・・・でもわたしバースに住んでいるといったじゃん・・・」。兎に角、タクシーは良心的でしかもおもったよりかなり安かった。ホテルもベッドは気持ちよかった。

数時間後の朝の5時半のユーロスターでパリに向かった。北駅では、アパートメントホテルのオーナーが待ち伏せしていてくれた。ブランドニューの広い2ベッドルームを借りたので、快適だった。一日目は疲れていたので、とりあえず食べた後、寝た。


二日目は買い物をしたりした。夕方ドイツからAが着いた。3日目は結婚式。早く起きて母親の着付けをしたあと、自分もドレスアップして朝10時に4区の市役所に行った。みんな集まっていた。3週間くらい前に証人の役目を頼まれていたので、前列に座って区長さんが結婚の約束みたいのを読むのを聞いていた。二人が誓い合って指輪を交換した。区長さんの前で誓約書にサインしたのを見届け私もサインをした。ブーケ投げはプリンセスがわざとこっちに向かって投げたのだけど、隣のイメンも手を出してきたので、落としてしまった。イメンのほうが6歳くらい年上だから譲りたかったんだけど、思わず反射神経で拾ったようなかんじだ。その後は、セーヌ沿いの船の上でランチをとって、夜はレバノンのレストランでお祝いした。
4日目は、観光した。オルセー美術館やルーブルが無料だったので、両方見た。夕方からは、アミンたちのアパートにいってマコロンとシャンペンでお話した後、凱旋門近くからションゼリゼーをエリゼ宮殿まで歩いた。5日目はヨーコとベルサイユ宮殿に行く予定だったが、月曜日だったため休業で、かわりにコンシエルジェリーやノートラダムにいった後、マレで買い物した。
a0065194_524275.jpg

Musee du Louvres

a0065194_0125452.jpg


a0065194_0132483.jpg


6日目の朝、北駅に行き、そこで余っていたチケットを売りさばき、タリスでブリュッセルへ向かった。
ブリュッセルからハッセルトまで一時間。駅に着いた後、クリスに電話をした。母親に、古いBMWで迎えに来るから・・と行っておいたのだけどなかなかあらわれない。遅れてきたクリスにどうしたのかと聞いたら、やっぱりKGB(クリスの車のナンバープレートからこういうあだ名に)はスとっていたらしい。
クリスはクッキーモンスターに言われたとおり、たっくさんリンブルグで採れた果物を用意していてくれた。

a0065194_004918.jpg

Bokrijk

a0065194_02124.jpg

promenade with Tommaka

a0065194_024112.jpg

Tom

a0065194_03576.jpg

Again at Bokrijk tom and his teacher in 19th century?


a0065194_053426.jpg

Bru1


イギリスではガジが車を運転して、サマーセット、エイボンのあたりをぐるぐるまわった。いったところはSafari park, Wells, Bath, Stone Hengeなど。

a0065194_064482.jpg

UK01

a0065194_071862.jpg

UK02

a0065194_08966.jpg

UK03

a0065194_083430.jpg

UK04

a0065194_09131.jpg

UK05

a0065194_095218.jpg

UK06

a0065194_0102366.jpg

UK07

a0065194_0105483.jpg

UK08
[PR]
by eloundamigio_ii | 2007-07-19 05:03