Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii

カテゴリ:未分類( 134 )

L'ete

今年の夏はバーデン・バーデンに二回行きました。
街から車でいける場所に隠れスポットの湖があるというので、ミニでぽこぽこ出かけてみました。車を森の中へとめて、涼しい緑林の中を歩くこと10分くらい、ありました!正面は切り立った崖になっていて四方を深い木々が囲んでいます。人も声が聞こえるほうをみてみると・・・ さすがは「裸」という概念を日本よりも数十年先を行くドイツです。いきなり、すっごいでっかいよぼよぼのお尻が岸に横たわっているのが見えました。しかも、じっと見ていたら、立ち上がったので正面からも見えました。その隣には若い娘二人とパパ全裸。森林浴を楽しんでいるようです。そこにはさすがにお邪魔できなかったので、別のところにお気に入りのスポットを見つけました。しかし、ここは確かに隠れ家的なんですが、あまり洗練されたかんじでもなく、犬の散歩で通り過ぎていく人たちを何人か見ましたが、まじめにシートをひいてピクニックしている人たちはあまりいませんでした。隣にいたドイツ人の年とったカップルもぶるちゃんを泳がせにきたようで、ぼよんぼよんとなくチキンの人形を力のある限り湖の方向に向かって投げていました。そのぶるちゃんは餌ほしさなのか、どんなところまでも一生懸命泳いでいました。桃を食べた後、わたしたちは去ることにしました。

車に戻ってドレスに着替えます。近くでは女の人が丸太に腰掛けていました。わたしはまずきらきらオレンジ色に輝く森の中へいって用をすませたあと、おにゅ~のドレスに手を通そうとしました。が・・・、汗がでていてなかなかはいりません!あぁ しまいにはもうブラ一丁のあらわな姿に・・・これもドイツだからこそできることです。

私はカジノが大好きです!大勝したことはないですが、負けたこともないです。
中へ入ってしばらくするとアメリカ人のおじいちゃんと仲良しになりました。彼は彼の絶対勝つ!方法を伝授してくれました。「勝負は辛抱だ」、そういって、50ユーロをぽんっとさらって消えていきました。わたしはブラック・スワンで2時間で110ユーロ稼ぎました。疲れたので、外にでて一服です。カジノで勝ったお金を使って食事をすることはちょっと意味があります。日々の餓えないためにお腹を満たす行為とは違います。むしろ、戦利品の一部なので王様のような気分が味わえます。

a0065194_21541491.jpg
a0065194_2154567.jpg
a0065194_21553461.jpg
a0065194_2156896.jpg
a0065194_21565643.jpg
a0065194_21574374.jpg

[PR]
by eloundamigio_ii | 2009-08-06 22:07
4月は、何度か外歩きしました。
はじめは、オバマ大統領とバーデン・バーデンで一緒でした。二日目は、黒い森をサイクリングしました。そのあと、マンハイムを通って、ザーブリュッケンへ移動し、数日間滞在した後、アルザス地方をドライブする機会がありました。ストックホルムへはライネアーをとったので、ポーランドのヴロツワフでストップオーヴァーして、街をみてきました。

a0065194_15433.jpg

(バーデン・バーデンにて)

a0065194_1552015.jpg

(サーランド大学のキャンパス)

a0065194_1563768.jpg

(オー・コーニングブルグのふもとにあるセント・ヒポライトで飲んだ白ワインは格別でした)


ここからはヴロツワフの写真です。白黒にしました。イースターだったため、もぬけの殻でした。
a0065194_205756.jpg

a0065194_213266.jpg
a0065194_221319.jpg
a0065194_223420.jpg

[PR]
by eloundamigio_ii | 2009-04-22 02:01

Peacegasque 06.03.09

デパートメントのパーティーがありました。フォーマルだったようですが、わたしは380クローナの夕食には参加しなかったので、簡単なドレスで夕食の後、遊びにいきました。家からこのネーションまでは一キロないのですが、ヒールで北の国の道路をあるくのは至難の業です。何度もなきそうになりましたが、貴重な体験だと思って、気持ちを振り絞って歩きました。
パーティーには4,50人いて、ほとんど知っている顔だったので、2時間くらい踊りまくりました。スウェーデン人の同じデパートメントの人で顔もみたことない人にデートに誘われたりして、まるで小学校のときの他校間片思いみたいのも、この日のエピソードで・・・。アフターアフターパーティーは、みんなでアダムの家にいって7時半までシッシャして、8時に家に着いてねました。疲れたけど楽しかったです。
a0065194_22484148.jpg

[PR]
by eloundamigio_ii | 2009-03-08 22:50

Baden Baden weekend

a0065194_144328.jpg


週末はバーデンバーデンですごしました。スウェーデンは雪と氷に蝕まれた第三世界のようなところなので、ドイツのリゾートのホテル、道、ショッピング、レストラン、文化施設・・・全部心地よかったです。
TANGUERAというミュージカルを見たり、バースでマッサージしてもらったり、お散歩をして楽しみました。天気もすごく良くて、スウェーデンはー4だったのに、バーデンバーデンは15度もありました。暑くて汗をかくくらいでした。昼間は薄いシャツ一枚で歩いていました。

アンドレイは日曜日の夜、マンハイムで同僚と会ってミュンヘンまで仕事に行かなくてはいけなかったので、フランクフルト空港には少し早めに着く予定でした。でも、バーデンバーデンのホテルでポーターが車を持ってきてくれるのに時間がかかったため、170キロで飛ばしても30分遅れてしまいました。一時間前でしたが、間に合いました。

ストックホルムには22時ごろ着きました。空港駅でウプサラ行きの電車を待っていると京都のゆーこから電話がありました。そのままいろいろ話して結局ゆーこが仕事に行く時間になったとき、わたしはウプサラ駅に着きました。

森のくまさん的生活はあと1,2ヶ月です。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2009-03-02 20:09

8th Feb 2009

a0065194_4141870.jpg

今日の朝まで雪がふっていたが、11時ごろやみました。友達が今月末に出産をするので、お腹が大きいうちに写真を撮らせてもらいました。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2009-02-09 04:14
a0065194_132847.jpg
フィンランド領のオーランドにフィールドスタディーにいってました。オーランドは、スウェーデン領(フィンランドは長い間スウェーデン領であった)、ロシアの侵略、ドイツの侵略などを受け、現在はフィンランド領となっています。しかし、島民の95%はスウェーデンの文化圏の影響を強く受け、フィンランド語は公用語ではありません。オーランドは内政自治の島で、さまざまな重要な分野で立法権限をもっており、外交、民法、関税制度などはフィンランド政府が行うものの、警察や郵便、教育や産業経済などに関して非常に高度な自治権を持っています。産業は貿易、ギャンブル、観光などがあるそうで、失業率は2%程度と、フィンランドの中でもっとも裕福な土地だそうです。
今回は、独立とEU加盟、EU議会の議席を目標にがんばっているオーランド議会議員のヘンリー39歳、家族は配偶者と3人の娘・・、や平和紛争インスティチュートの二人のフルタイマーと直接掛け合う機会がありました。非武装化や内政自治など、世界中の研究者たちが、マイノリティー紛争を解決する上でのひとつの事例として、ここを訪れているようです。意外なことに日本からも来ていて、しかも県が県だったばかりに驚きました。
a0065194_473578.jpg

フェリーの中にはやっぱりギャンブルマシーンがたくさんありました。何度か試しました。クラスメートにオーランドの島民への出費ありがとうございますといわれましたが、100円くらいくれてやらぁ!笑
a0065194_474667.jpg

ところで、この日は朝の7時に友達が向かえにくるまで徹夜したので、すごく疲れました。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2009-01-30 01:35

21 Jan.2009

a0065194_1141868.jpg

明けましてあめでとうございます。ウプサラはー20度くらいに冷えこんだり、-2,3度と暖かかったり、そんな日々の繰り返しですが、川は徐々に凍ってきています。2,3日前は写真のように半分しか凍っていませんでしたが、今日は80パーセントくらい凍っているようです。もうすぐ、スケートができるかも・・・。
寒さにもすっかりなれて、つい薄着で外に出てしまいますが、やはり帽子がないと、20分くらいで凍えるように寒くなります。でも、身体が慣れてきたせいか、ちょっとくらい寒くても、「フレッシュできもちい!」と感じるようになりました。おとといはー8度でジョギングしてきました!足が真っ赤になりました・・・。

毎日、めまぐるしい忙しさで、一日24時間では鉄人以外終わらせられない量の仕事があります・・・。でも、80%完ぺき主義を目指してやっています。

今年は週末があるのか?という感じの出だしですが、6月ごろまでにはバカンスにいきたいなと思っています。

よいお年を!
a0065194_1143463.jpg
(デパートメントの前のイタリアンレストランにて)
[PR]
by eloundamigio_ii | 2009-01-20 01:15

20th-21st Dec. in Stockholm

この記事だいぶ前に投稿したのですが、非公開になっておりました。写真ばっかりですが、ストックホルムのパーティーの次の日に撮った写真がメインです。

a0065194_9131777.jpg
a0065194_9133169.jpg
a0065194_9135863.jpg
a0065194_9144535.jpg
a0065194_915015.jpg
a0065194_9151576.jpg
a0065194_9153397.jpg
a0065194_9154669.jpg

[PR]
by eloundamigio_ii | 2008-12-23 09:16
a0065194_1917787.jpg

教会でクリスマスコンサートがあったので、友達といってきました。男の子のソロがすばらしかったです。透き通った高い声でした。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2008-12-15 19:27
a0065194_7344842.jpg

カールのご両親が遊びに来ていました。今週末はサンタルチアで沢山の催しがありました。サンタルチアはイタリアのシシリアの行事だそうですが、スウェーデンくらいしか盛大にお祭りをするところはないようです。白い三角形のとんがり帽子をかぶった子供たちの合唱をスウェーデンの町々の主要な建物で楽しむことができます。わたしもカールのご両親と教会に出かけました。
a0065194_7352362.jpg
13日はカールのコンサートがありました。アナ・ヘッドルンドとそのお友達が開催したようです。入場料は100クローナでした。みんな歌も楽器も上手でした。カールも一曲披露していました。1920年代にひとりの才能がある青年が森の中で作った酔っ払いの悲しい歌です。その青年は20代の後半にストックホルムのホテルで事故でなくなったそうです。別の日に、そのことを家ではなしていたので、スウェーデン語でも言っていることがなんとなくわかりました。カールの声はすごく通るのですばらしかったです。でもコンサートのあと、アナの女性用のマイクを使ったのでよくなかったといっていました。a0065194_736733.jpg最後の写真がわたしたちの街の教会です。屋根の花形に切り取られた窓から光がもれていて、昔買ってもらったキャンドルたてのようにみえます。雪もちらちらしていました。
ウプサラは一年で一番暗い日が12月21日です。今日はサンライズが8時45分でサンセットが2時44分です。しかも日が昇ったといっても、空が夜よりもしらいでいるだけで、常に分厚い雲が上空に停滞しています。午後は3時以降は深夜のように真っ暗なので、まるで、地下の街にすんでいるようです。私は、それが楽しくて仕方がありません。みんなが暗くてーとか雪でーと不平不満を言うたびに、それをものすごく愛してる自分をみて力がみなぎります。笑 根暗です・・・。
[PR]
by eloundamigio_ii | 2008-12-14 07:36