Blog公用語:日本語、English,Francais Since 1.Oct.04


by eloundamigio_ii
a0065194_68084.jpg


授業が17時に終わった後、バースのロイヤルシアターのすぐ近くのレストラン、タイ バルコニーで夕食をとった。一世代前のタイ訛りの英語を話す、伝統の服に身を包んだウエイトレスやウエイターが 雰囲気を出しているとても良いレストランだ。バースに現在いらっしゃるかたや観光で来る機会があったら是非訪れてほしい。

そのあとは、セメスターの終わりを祝して寮のこたちとキッチンパーティー。そして朝の2時に帰ってきて、パックして朝の5時にバス停に向かう。

過去3日間に5時間だけの睡眠で、真っ暗闇のバースの街を友達に付き添われてひたひた歩いていると、まるで自分がゾンビになった気分になる。なんだか、もうずっと寝ていないような気がする。身体がまるで自分のものではないかのように感覚がない。気を抜いたら、その場で倒れて寝てしまいそうな勢いだ。

ロンドンには朝の9時についた。そこでハプニングが・・・!43ポンド(8600yen強)も出して買ったバスのチケットを落としてしまったか、なくしてしまった。乗ってきたバスのなかも調べてもらったけど見つからない。リファンドも再発行もないバスチケット・・・。多くの人の助けにも関わらず、出てこず、バースで見送ってくれた友人から携帯に電話があったので、持っているかきいたけど、なーい!はぁ・・・こんな疲れているときに限って・・・。こういうときは踏ん切りのよさと決断の早さが勝負だ。もうバスはやめてユーロスターで行くよ!助けてくれた皆にさよなら~と笑顔で手を振って、ヴィクトリアからウォータルーへ。

それにしてもいつの間にチューブの一区間2ポンドになったの?5年前は1,4くらいだった気がする。たったの3駅でそれは高い。ウォータルーについて、ユーロスターのチケット、40ポンド(ユース)で購入。バスより安いじゃん・・・。15時の出発だったので、4時間もショッピングに時間が使える!荷物を預けて、近くのショッピングモールへ向かった。

徹夜連続2夜半・・・、もう限界だ。2時ごろ駅に戻ってチェックインしておとなしく本を読む。

パリの北駅には18時についた。光の街パリ。バースに3ヶ月いたあとで、再び戻ってきたら、やっぱりパリはきらきら輝いている。ああ、ただいま パリ。早足にマレのアパートに向かう。ドアのコードを開けて、メイルボックスに手を突っ込むと、鍵の入った封筒があるはずだ。がさっ・・・。見つけた。クリスマス前だからか、廊下がピカピカになっている。3階に駆け上がって、4ヶ月ぶりに、アパートのドアを開ける。ああ、このにおい!

銀行でユーロをおろし、買い物に出かけた。そのあとドクターアミンに電話。明日のチュニス行きのフライトの確認をする。
それにしても部屋が寒い。ブリュッセルは今日は雪が降ったらしい。でも、暖房が壊れてる?チュニスにいるモフィダの自宅に電話する・・・。アフリカに電話するのって生まれて初めてだ。「ねえモフィダ、暖房ぶっこわれててすごく寒いんだけど・・・。あと、シャワー浴びたいんだけどタオルどこにあるの・・・?」

とにかく すごく すごく 疲れた。今日はちゃんと眠ることにする。
おやすみなさい。
[PR]
# by eloundamigio_ii | 2005-12-18 06:08

The Universe of Mind

a0065194_7221032.jpg

心の宇宙

世の中広いから
いろいろなひとがそこら中を歩いているけど
どのひとの究極の芯の部分にも
例外なく
一輪の大きい花が咲いていて
その大きい花は
心が満たされていると 満開で
泣いていると うなだれて
裏切られると 黒くなって
愛がともると 赤くなる
宇宙の掟

その花は 集団を個体にすることができるし
個体に 魂の喜びを植え付けることもできる
そうして 満ちて幸せの種がとれると
ひとりぼっちの宇宙にふんわり浮いていた花は
小さな宇宙を飛ばして
空間をさまよい
別の宇宙に出会うのだ

身体の芯の 真ん中に浮いている花は
時間が熟すにつれ
その細い根を伸ばし 葉を大きくひらいて
泣いても 裏切られても
簡単にはへたらない
美しい花になる!



* * *

昨日、クリスマスプレゼントが届いた・・・。なんだか落ち込むこと知っているかのようにタイミングがよかった。ひとつはパリのモフィダから、可愛いチュニジアのサンダル。誕生日も兼ねてのプレゼントに違いない。
もうひとつは、Aから、カメラのトライポッドのケース。推測で74センチのものをなんの前触れもなく買ってきてくれたのだけど、これがぴったり・・・。一寸違わず収まった。もういまさら、これは父親の三脚でしたなんていえん・・・。戴きましたぜ父上。


* * *

夕方ごろ、インシアッド・マッキンゼーのポールから携帯に電話・・・。ニューヨークからで、一日だけの出張だったのだけど、乗る飛行機がビジネスクラスだけの小型機で初めてだったし、すごく揺れたよ、と伝えるために電話してきたらしい・・・汗。おぉ...なんてお金の価値の感覚がないやつだ・・・。おぉ・・、good to hear you enjoyed a bumpy airplane...とぼそっと言ったら、不機嫌なことを悟られ、昨日あったことを説明する。でも彼もつい先月、どたキャンしたので関連させないように言葉に気をつけて話す。ひどいやつだね、と二回もいって、でも逆の立場だったらということを考えたらどう?とありきたりのことで慰めようとしてくれたので、友達のことをひどいやつだといわれたのに加えてちょっとがっかり。

その後ベルギーのクッキーモンスターに言ったら、ジョンは偉いやつだ、仕事を優先するなんて!は・・・?なんでそのジョンの行動で落ち込んでいるのに、君はやつを褒めるんだ・・・。でもかねてからのクッキーモンスターとの喧嘩の原因は、彼が相手の正当性を強調して、わたしの気持ちを常に重視してなさそうな言動にあった。ジョンが偉かろうがえらくなかろうが、わたしにとっては、そこが問題じゃないことをちゃんとわかって・・・。

大学のオフィスにいたアンドレイに言ったら、少し考えて、つまりバースからパリまで一人で行くことになったってこと?と転換・・・。うん、というとじゃあ、バスじゃなくて飛行機か電車で行け。モフィダにもすぐに言われたことだ・・・。バスの一人旅は長いしそれだけ危険も付きまとう!そして飛行機のチケットの値段をSTAで調べてくれた。でも、どたキャンについては、気にしちゃだめだ、そういうケースについてこれからは備えておくことだね、なぜならそういうことは十分ありえるんだからと述べるに終わった・・・。

じんせいいろいろ~
おとこはいろいろ~
おとこは まじでいーろいろ

と一人で歌っていたのでした。
[PR]
# by eloundamigio_ii | 2005-12-16 07:18

The song of consolation

a0065194_227114.jpg


今日は、疲れて脳がどきどきしていて
昔からみつづけてきた 隠れているところを見つかって
銃で殺される夢で起きて
おきたらまだ5時間しかねていなくて
体中金縛りに架かったみたいにうごかなくて
眼球がじんじん痛くて
首も凝っていて
目を開けると 沁みて
脳がぐわんぐわんまわっていて
でも ホットチョコを飲んだらちょっと落ち着いて

モフィダからメイルがきて
ジョンのことについて
こういうことはありうる
大切なことは 貴女がきて 自分を解放できること
写真を楽しむことができること
ドクターアミンやモフィの家族やジャッジ・イシラクと交流すること
って
励ましてくれたけど
どうやったら あんなふうに言葉に力を添えることができるんだろう
自分はなんでこんなに人に頼ってしまうんだろう
って
なんだか落ち込みぎみで
友達に甘えたり
やつあたりしたり
なんだか いつまでたっても
強くなれない
[PR]
# by eloundamigio_ii | 2005-12-14 22:09

The flower of the heart

a0065194_22414356.jpg


生まれたときから
片時も離さずに
ずっと持ち歩いていた心の花
枯らさないように 落とさないように
一番苦しいときでさえ・・・
しっかりと握ってたえよう・・・



* * *
天気は曇り。寒くないし暑くもない・・・。気温どのくらいなんだろう・・・。

悲しいニュースがあった。
ジョンが卒論をどうしても終わらすことができず、もう13日のフライトも取れないという。今まで本人の口から聞いたことのない、丁寧な謝罪と自責の念のこもった文章を読んでいたたまれない気持ちになった。法学や政治はとにかく読む読む読む書く書く書くなので、自分の最高を出したいと思ったら時間はいくらあっても足りない・・・。でも、もちろんどの分野でもそうだけど、この分野も例外なく効率との勝負だ。限られた時間でどれだけの質を生産できるかということだ。
キャンセルのロスが大きいので、慎重に最後のダメ押しをしたけど、優先順位はどんな場合においても仕事にある。はあ・・、いつか昔彼と計画した エッフェル塔から東京タワーまで行く自転車の旅、実現することができるの・・・?この調子じゃあ、100年待っても無理そうだ・・・。

図書館で同じプロジェクトチームのリストニアのアネスタとやる気を交換して、ディミトリスの車で24時ごろ帰ってきて、とても疲れて、とてもおなかがすいて、ミックと一緒に昨日作ったチキンスープを飲んで、部屋に帰ってきて仕事の前にメイルをチェックしたら、ジョンからの、「本当に、本当にごめんなさい」のメイル・・・。前、メイルのタイトルで内容がわからないメイルは嫌いといったけど、このメイルはさすがに、大学の結果待ちと同じくらい、どきどきしながらあけたよ・・・。

なんだかどっと疲れたので、Blogを書いて寝ます。もう3時・・・。明日は9:15から授業です。はあ・・・疲労感。
[PR]
# by eloundamigio_ii | 2005-12-13 22:42

VOID

a0065194_10314576.jpg


今日は半徹だった(2時間睡眠)。ジョーは貫徹だったので、朝キッチンでお互いの顔を見たときにはへへへと笑ってしまった。目の下赤いよ・・・!君もね・・・爆
朝、大学にいって授業に出た後、友達とお昼の約束をしていたのだけど、あまりにも疲れていたので帰ることにした。よい天気だったし、6冊の本も全部図書館に返却して身軽だったので家まで歩くことにした。
昨日、今日は霧もでていなく、澄んだ空気がミントのように肺をすーっと凍らせて、気持ちがよい。緑と石垣に挟まれた急な勾配をその向こうに見えるどこまでも続く丘陵地帯を横目で見ながら、早足で歩く。歩くというよりは、寧ろ、胴体が落ちていくのにつられて、足が一生懸命ついていくみたいな。
途中考えていることは、カメラのことだ。ああ、ここからの眺めが素晴らしい!とか、このベンチとってみようとか・・・。暫く行くと、お年寄りのおばあさんが坂を上がってくる。12度の傾斜だ!目が合うと、立ち止まって、こちらを見た。そうですよね、この坂はきついですよね・・・。そんな思いが通じたのか、彼女も思わず笑いを噴き出した。後ろを振り返ったら、またゆっくり歩き始めるところだった。どこまでいくのだろう・・。手を貸してあげればよかったかな?この人のことも写真におさめたいな、またカメラのことを考え始める。

夕方はセンズベリーにいって、チキンとパプリカとベビーコーン、ソースをかってきて、Chicken Tikka Masalaを作った。朝バスの中で会って夕食を一緒に食べる約束をしたアレッドがきて、チキンを解体してくれ、ジョーもきて、三人でチキンを解体。ボーンでチキンスープ(チキン、にんじん、ブロッコリー、コーン、少し焼いたたまねぎ)を作った。Tikka Masalaもスープも人気でうれしかった。

食べ終わった後、ジョーがモヒカンの部分を切ってくれというので、やつのカーリーな頭を刈ってあげた。最初はモヒカンだけだったのに、全体をやってあげてしまった・・・。でも、シャワーを浴びてみせにきたときにすごくにこにこしていたので、こっちまでうれしくなった。

その後アンドレイが大学から帰ってくる途中に寄って、残りのスープとTikka Masalaをおいしいいいいい~~といいながら食べてくれたのでうれしかった。アンドレイはLINDORのチョコバックをお土産に持ってきてくれた。

というわけで、今日は、3人の大きい息子たち(自分より年上だったり・・・)を持った4,50代の母親の気分を味わいました・・・。母親って思ったよりもすごく大変ですね・・・。でも子どもたちに、笑顔で「おいしいよミウ」って言われると、なんだかすごいことをやったような、ある種の満足感が・・・。これは自分の計算能力とか問題解決能力とか文章力とかそういう部分を試されているのではなくて、もっと根源の人間的な質を試されているような気がしました。

最後に感想:
母親とか妻になるって 大変だ、それだけでもすごい仕事だ、いつまでも親の子どもでいたい。
[PR]
# by eloundamigio_ii | 2005-12-13 08:41